FC2ブログ

キャベンディッシュへ

島に上陸してから キャベンディッシュ村へ移動しました。 
駅から馬車に揺られてグリーンゲイブルズへむかうアンの気持ちです。
夢中で車窓からの景色を追います。      
    ポテト畑
どこまでも続くじゃがいも畑…。

肥沃な大地を誇るPEIはじゃがいもの一大産地で、北米ではPEIポテトというと、おいしいじゃがいもとして有名なため八百屋さんでも単価が高いそうです。
おとなの握りこぶし大の、メークインのようなつるっとした見かけのものをホイルに包んでオーブンで焼いたものを何度かいただきました。バターやサワークリームを溶かして、とってもおいしいんですよ。
畑の脇で露地販売もしていて「NEW POTATO」とダンボールに大書きしたものを道路沿いに出しているのも見かけました。

じゃがいも畑が圧倒的に多かったですが、連作防止のため じゃがいもを作ったら3年はじゃがいも以外のものを作る決まりがあります。大豆畑もけっこう見かけました。
露地のいちごはちょうど最盛期のようで、自分でバケツなど容器を持っていって好きなだけ摘んで量り売りしてくれるそうです。1キロ200円くらいとのことなのでとても安いですよね~!畑にかがんで いちご摘みしている人々もみかけました。
この頃は輸出用(ほぼ日本向け)に遺伝子組み換えしていない菜種を育てる農家も増えているそうです。

宿泊したのは グリーンゲイブルズのすぐそばに建つB&Bとして有名な
キンドレッド・スピリッツ カントリー インです!
フロント前には暖炉があってとってもロマンティックな雰囲気だったのですが
写真を撮ってませんでした。
キンドレッド2

お部屋の中も白で統一されていて、ベッドには枕が6つもありました~。
静かで 心落ち着く滞在場所です。
    キンドレッド

朝ごはんも、もちろん手作りです。
この日は絶品のキッシュがメイン。
ブルーベリーやクランベリーなど、ジュースもたくさんあって
セロリの香りが かすかにするトマトジュースが気に入りました。
スコーンはしっとり感がほどよく コーヒーとよく合いました。
   キンドレッド1
関連記事
スポンサーサイト



Comments

No title

まぁなんとすてきな。。
ホントにお話の中に入ってしまったような気分じゃないですか。
ホテルもそのもてなしもすてきですね。
女子三人夢の世界ですね♪
なんだかさわやかな気分になります

おかえり~!

おお。
気がついたら帰国でしたね。

ほんとう夢のような、そして物語で読んだままの世界。
すてきですね。
モンゴメリ女史が見た風景が、そのまま残っているような…
不思議な気持ちになります。
また報告愉しみにしています!

No title

車窓から見る風景も素敵。
バケツ一杯に苺を摘んで、ジャムとか作りたいわ~!
ポテトのホイル焼きも美味しそう。
B&Bもお話の中に出てきそうな建物ですね。可愛い♥。
そして朝食も楽しみの一つですね。

ばんびさま

こちらは家族で経営されていらっしゃるのですが、オーナーご夫妻がとってもフレンドリーで心から歓待してくださるのがとてもうれしかったですv-238写真からも伝わるでしょう!?

rooniさま

ただいま~。長旅だったけど行ってよかったですヨ。
あらためて また物語を読み直すとぐっとイメージがふくらむ感じ。
5年前と違って たまさまもしっかり現地時間で生活できました。

little townさま

> 車窓から見る風景も素敵。
> バケツ一杯に苺を摘んで、ジャムとか作りたいわ~!
> ポテトのホイル焼きも美味しそう。
> B&Bもお話の中に出てきそうな建物ですね。可愛い♥。
> そして朝食も楽しみの一つですね。

車窓からの景色…。ほんとうに飽きることなく眺めていられました。
建物はどこもこんなふうな可愛らしい感じで
長い年月手を入れながらすんでいらっしゃるそうですよ。
超巨大なホームセンターにはびっくりしました!
きっとお父さんたちが資材を買いに行くんでしょうね。
わたしも行きたかった~!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)