FC2ブログ

「マエストロ6」サイモン・ラトル

前からクラシックのコンサートへ連れて行って欲しいと
ムスメに頼まれていたのだけれど、
せっかくならよい演奏者のものをと思ったり 
でもそれだと予算的にキビシイなぁなんて考えたりしてなかなか連れて行ってあげられなかったのですが、

世界のトップ指揮者とオケの演奏を聴くことができる「シネ響 マエストロ6」なる映画での演奏会があると聞いて行って来ました。
場所は新宿のバルト9です。

きょうは6人の指揮者シリーズの第一弾(8月19日まで)のサイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルで、演目はラフマニノフのピアノ協奏曲2番(ソリストはラン・ラン!)とチャイコフスキーのくるみ割り人形2幕でした。
たまたまムスメの大好きな演目で本当によかった!

初めて行くシネコンで、迷ってしまい 大汗をかいて ぎりぎりに飛び込みましたが
あっという間に引き込まれる演奏。
ラン・ランのねちっこさや力強さ 喜びにあふれた表情
ラトルの楽団員への愛あふれるほほえみが印象的。


じんわりと涙の出る 感動的なコンサートでしたぁ…。
ラン・ランがアンコールで弾いたショパンのエチュードも絶品でした。

ムスメも満足げに 途中 しあわせそうな笑顔を向けてきて
時間に間に合って ほんとに良かったヨ。

第2弾は9月18日~ アバド/ルツェルン祝祭管弦楽団
第3弾は10月23日~ムーティ/ベルリンフィル
第4弾は11月 バレンボイム/ベルリンフィル
第5弾は12月 マゼール/ニューヨークフィル
第6弾は1月  ドゥダメル/シモン・ボリバル・ユース・オーケストラ・オブ・ベネズエラ

第6弾の指揮者とオケは知らなかったのですが 公式HPによれば

このオーケストラは貧困に苦しむ子供たちを救うため
国が始めたエル・システマ(青少年・児童オーケストラ全国制度)に
所属する選抜メンバーから成る。
エル・システマとは、放課後に音楽に従事させることで
子供たちを犯罪から守ろうという教育制度のことで、
ベネズエラに約200もの青少年オーケストラを持つ。
メンバーは中高生から20代後半の青少年。
ドゥダメル自身もここの出身で、
2009年よりロサンジェルス・フィルハーモニックの音楽監督に大抜擢され話題となる。
 
とのことです。

当日料金は
一般 3,000円 学生 2,500円 小人 2,000円
ライブコンサートのSS席がこの料金です!
音響もすばらしく おススメでーす!
関連記事
スポンサーサイト



Comments

No title

すてき。
クラッシクを聴きに行きたいとせがまれる子供が欲しいです
私も父とコンサートに足を運び(当時行きたくて行ってた記憶はありませんが・・・)でも心地いい空間を覚えています。
我が家の男子、音楽にめっきり縁がなくて・・・・。義母のコーラスに行くくらいでしょうか^^;
きっとすてきな感性が育ちますね!!

ばんびさま

ふふふ。クラシック好きは幼い頃から一生懸命聴かせたのが功を奏したのかもしれません。
でもJ-POPもジャズも好きだから音楽そのものがすきな子みたい。
思ったより早く 一緒に音楽会へ行ける日が来そうで楽しみヨン。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)